おんjサマリー@なんjホークスまとめ

  • Twitter
  • RSS
    名もなきj民さんからヘッダー画像を描いていただきました!感謝です!

    どうすりゃいいんだ・・・

    yqiIjlpk
    引用元: ・内川(2020)「どうすりゃいいんだ…」

    1: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)23:33:07 ID:99Q
    本拠地、タマスタ筑後で迎えたオリックス戦
    先発大竹が好投、打線も勢いをみせて快勝だった
    スタジアムに響くファンの歓声、どこからか聞こえる「今年も日本一だな」の声
    エアハイタッチで帰り始める選手達の中、昨年のゴールデングラブ内川は独りベンチで泣いていた。
    ソフトバンクで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の実力で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにそれいけ若鷹軍団が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「か・・・川崎さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
    「ほ・・・本多コーチ?」  「なんだ内川、かってに本多を引退させやがって」
    「小久保さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:川崎 2番:本多 3番:内川 4番:小久保 5番:松中 6番:松田 7番:多村 8番:長谷川 9番:細川
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「打てる・・・打てるんだ!」
    福田からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    【内川(2020)「どうすりゃいいんだ…」】の続きを読む

    yqiIjlpk
    引用元: ・内川「どうすりゃいいんだ…」

    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/28(日)20:43:52 ID:G8O
    本拠地、タマスタ筑後で迎えたオリックス戦
    先発大竹が好投、打線も勢いをみせて快勝だった
    スタジアムに響くファンの歓声、どこからか聞こえる「今年も日本一だな」の声
    エアハイタッチで帰り始める選手達の中、昨年のゴールデングラブ内川は独りベンチで泣いていた。
    ソフトバンクで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の実力で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにそれいけ若鷹軍団が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「か・・・川崎さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
    「ほ・・・本多コーチ?」  「なんだ内川、かってに本多を引退させやがって」
    「小久保さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:川崎 2番:本多 3番:内川 4番:小久保 5番:松中 6番:松田 7番:多村 8番:長谷川 9番:細川
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「打てる・・・打てるんだ!」
    福田からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    【内川「どうすりゃいいんだ…」 内川二軍ver】の続きを読む

    引用元: ・内川「私は何をすべきですか?」

    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/09(火)20:21:04 ID:eGF
    どこかからファンの声を聞くために息を吐き、多くの打線のゴールを見せることなく壊滅的な敗北を喫したピッチに鳴ったファンのためため息をつき、勢いを示し、三浦の横浜スタジアムでの大会の出発点。
    クラウン喜び私がWBCで持っている気分と最も信頼できるチームメイトは、現時点では横浜でそれを得ることはほとんど不可能です。「家に帰って訓練しなければならない」と内川は言った。彼が立ち上がって、ねじれた笑顔で伸ばしたときに気づいた。

    「それは..私はクライアントを持っている.
    ベンチから飛び降りた内川は、スタジアムの外で何千人もの人々が席を埋め尽くしているように見える内川の背中におなじみの声を見せ、ベイスターの陽気な音楽は地元の声のように響き渡り、ナイカワは「精一、守備の練習、早く行こう」という音で振り返りました。」
    「見て..「内川とは何か、小山田氏を引退させてください」石志2:波No.3:鈴木久志 4: ローズ No. 5: 小マダ 6: 内川 7: 新道 8: しげる谷 9: 高高しかし、彼はすべてを理解するとき?
    内川は長根を手にして地面に走り、目に輝く涙は後悔するばかり。

    翌日、ベンチでクールな内川選手が見つかり、吉村と村田は静かにしていた。

    -タイ語再翻訳-

    【内川「私は何をすべきですか?」】の続きを読む

    ソフトバンク
    引用元: ・内川「どうすりゃいいんだ…」

    1: 名無しさん@おーぷん 20/04/20(月)19:15:28 ID:U1j
    本拠地、PayPayドームで迎えられない開幕戦
    日本は緊急事態宣言、コロナウイルスになすすべなく惨敗だった
    ネットに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年はもう無理だな」の声
    誰もいない球場の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた。
    プロ野球で手にした栄冠、屈辱、感動、そして何よりファンの大歓声・・・
    それを今の地球で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って自粛をしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにソフトバンクの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「内川さん守備練習ですよ、行きましょう」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「ほ・・・本多?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
    「デ・・・デスパイネ?」  「なんだ内川、かってにキューバに帰国させやがって」
    「工藤監督・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:周東 
    2番:今宮 
    3番:グラシアル 
    4番:柳田 
    5番:バレンティン 
    6番:内川 
    7番:グラシアル 
    8番:松田 
    9番:甲斐
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「できる・・・できるんだ!」
    中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    【内川「どうすりゃいいんだ…」】の続きを読む

    引用元: ・【ノムリッシュ】内川「...3万ギルで、どうすりゃいいんだ...」

    1: 名無しさん@おーぷん 20/04/14(火)22:19:37 ID:fRo
    ホームポイント、横浜大聖堂で迎えた月の光を吸収して強くなる中日戦
    まるでアレクサンダーの如く先発ミュラーが大量失点、ノッキング・レイも溢れんばかりのパワーを見せず惨敗…つまり、全て俺のせいだった
    大聖堂に木霊する偶像崇拝者のホーリー・ゴッド・ブレス、何処からか聞こえる「存在そのものが罪である今年は100敗だな」の“届く事のない”声
    詠唱破棄で帰り始める選手どもの中、昨年の最強戦力打者内川はソロプレイベンチで苦痛を受けていた
    WBCで血塗られし我が手に開放した栄冠、喜び、精神支配、そして何より信頼できるとされているチームメイト直伝で剣術を習った男...
    それを”俺たちの時代”の横浜でゲインすることは殆ど不可能と言ってよかった
    「如何すれば...俺はどうなってもいいんだ...」アゴは悔し涙(サルタオレンジ味)を流し続けた

    【【ノムリッシュ】内川「...3万ギルで、どうすりゃいいんだ...」】の続きを読む

    やきう民
    引用元: ・DeepL再翻訳内川「どうすりゃいいんだ・・・」

    1: 名無しさん@おーぷん 20/03/24(火)05:15:38 ID:UlD
    https://www.deepl.com/home

    日→英→日
    横浜スタジアムでの中日戦
    三浦は大量失点を喫したが、チームは試合に勢いを見せることができなかった。
    球場に響くファンのため息、「今年は100敗」の声がどこからか聞こえてくる。
    選手たちが無言で退場し始める中、昨年の首位打者・内川はベンチで一人泣いていた。
    褒め言葉、喜び、感動、そして何よりもWBCでの信頼できるチームメイト。
    今の横浜ではほぼ手に入らないと言ってもいいくらいだ。
    どうしたらいいんだろう......」。内川は悔し涙を流し続けた。
    どれくらいの時間が経っていたのだろうか。内川は身を乗り出して目を覚ました。
    どうやら泣き寝入りしてしまったようで、冷たいベンチの感触に現実に引き戻されてしまったようだ。
    そうか、もう帰って鍛えるしかないか」と内川は苦笑いしながら呟いた。
    立ち上がってストレッチをしていると、内川はふと気付いた。

    "それは......?お客さんが......?
    内川がベンチから飛び出すと、外野席まで埋め尽くされた観客の姿が見えた。
    千切れのように旗が振られ、ベイスターズの応援歌が地響きのように鳴り響いていた。
    内川が何が起こっているのかわからず呆然としていると、背中から聞き覚えのある声が聞こえてきた。
    誠一、ディフェンス練習だ、早く行こうぜ」と声の方を向くと、内川は目を疑った。
    ス... 鈴木さん?  なんだよ、アゴ、居眠りしてたのか?
    コ... 駒田コーチ?  なんだよ、内川、駒田さんを早く引退させたじゃないか。
    '石井さん・・・' 内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた。
    1位:石井拓、2位:波戸、3位:鈴木久、4位:ローズ、5位:駒田、6位:内川、7位:進藤、8位:谷繁、9位:斎藤隆志
    内川はしばらく呆然としていたが、すべてを理解したとき、頭の中には雲泥の差がなくなっていた。
    勝てる...勝てる...勝てる!」。
    内川は中根からグローブを受け取り、全力疾走でグラウンドに駆けつけたが、その目には悔しさとは無縁の涙が......。

    翌日、内川はベンチで風邪をひいているのを発見され、吉村と村田は病院で静かに息を引き取った。

    【DeepL再翻訳内川「どうすりゃいいんだ・・・」】の続きを読む

    野球ボール
    引用元: ・【意識高い系翻訳】内川『いかがすりゃセンスあるんだ#自己啓発』

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/23(金)10:41:03 ID:r7l
    ニューヨーク、横浜スタジアムで迎えた中日戦
    スターティングメンバー明確なビジョンを持たない三浦がビッグデータポイントロス、打線も隆盛を見せず惨敗だった
    スタジアムに響く支援してくださった方々のサスペリア、どちらからかインプットできる『「挑戦」の年は100敗だなって、この前読んだビジネス書に書いてあったよ。」のお客様の声
    無言で弊社カットオーバーするプレイヤー共のコンテンツ、前年度の首位打者内川は独りベンチで涙活をしていた
    WBCでフィンガーにした栄冠、ニーズの充足、すばらしいユーザ体験、ジョブズに倣えば何よりコミットメントデキるチームメイト・・・
    欧米では通用しないと思うよ、それを情報化社会の横浜でリザーブする案件は殆ど厳しい軍事教育なしで戦略的熟達に達するのは、今日ではもはや不可能と展開して十分評価に値した
    『いかがすりゃイイじゃんんだ・・・はい、今の発言シェアしといてね。」内川は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっとウェイクアップた
    分析によれば心打たれ疲れてスリープしてコミットメントしたようだ、共感されないベンチのビジネスセンスがリアリティに引き戻した
    『やれやれ、自分探しの旅に出て体幹トレーニングをし...取引先との商談が上手く行くこともなくちゃなタイムス内川は苦笑し、手にした成功が一時的なものだと確信しながらTweetした
    立ち上がって伸びをしたフォアラー、内川はジャストアイディアでレコグニションした

    『あの案件・・・では、質疑応答に移りたいと思いますクライアントがいつつパラレルでタスクを消化している・・・かな、ってタイムス
    ベンチ、それも強い正義感から世界へ向けて飛び出した内川がビジョンにしたのは、外野席まで埋めつくさんオンリーのオーディエンスだった
    千切れそうでもあるなほどにエンサインが振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた
    いかが読み取れる案件か分からずに呆然とする内川の後ろ盾に、聞き覚えのビジネスチャンスはあるお客様の声がエスカされてきた
    『セイイチ、コンプライアンス練習だ、稼働率を上げて「自分軸」で行くぞ」お客様の声のメソッドにフィードバックした内川はビジョンを疑った
    『す・・・鈴木さん(西海岸出身)では、質疑応答に移りたいと思いますタイムス  『なんだアゴ、タイムアウト中にはいい人もいるでしょ。世の中いろいろな人がいるからしてたのか?なら辞めればいいじゃん。5倍
    『こ・・・駒田コーチ?では、質疑応答に移りたいと思います。10割増し、要するに2倍  『なんだ内川、かってに駒田社長を一線を退くさせやがって』
    『石井学生団体代表・・・って、この前読んだビジネス書に書いてあったよ。」  内川は50%、つまり1/2パニックにイコール関係が成立し、手にした成功が一時的なものだと確信しながらスコアボードを見える化した
    オンリー番:石井琢 ツインマター:波留 サードウェーブマター:鈴木尚 4マター:ローズ ペンタゴンマター:駒田 6マター:内川 7マター:進藤 8マター:谷繁 9マター:斎藤隆
    暫時、唖然としていた内川だったが、センサスをアーハーしたフォアラー、現在の業界においては彼の器にはテーパリングクラウドシングル無かった
    『勝した?今、アメリカでブームになってる・・・勝TELんだ…でも、そんな考え方じゃこれからの時代は生き残っていけないはい、今の発言シェアしといてね。」
    中根からグラブをエンジョイし、本社ビル三階へアクティブ疾走する、つまり世界に通用する内川、この案件におけるビジョンにキラキラしている身を知る雨は悔しさとは無縁の媒体だった・・・

    翌日、ベンチで冷たくコンセンサスを得てステイしている内川が見える化され、吉村と村田はサナトリウムインサイトで質疑応答は最後にレスピレーションを引き取った

    【【意識高い系翻訳】内川『いかがすりゃセンスあるんだ#自己啓発』】の続きを読む

    横浜
    引用元: ・内川「え~スタメン発表するぞ。まずはセンター」鈴木尚「下園!」

    1: 名無しさん@おーぷん 19/10/15(火)12:30:41 ID:3r1
    内川「センター下園はアカン。プロですよ?」

    鈴木尚「てへへ…」

    内川「…ったくw 次、セカンド」

    村田「は~~~い」

    内川「村田さんはセカンドじゃない」

    村田「もー、うるさいなあ。横浜を出た畜生のくせにw」

    内川「う、うるせー畜生じゃねえやい!(嘘)」

    村田「うそだね~」にやにや

    内川「まったく村田さんときたら…次、石井さん」

    内川「おーい、石井琢郎さーん?」

    石川「ごめーん内川さん遅刻しましたー!」ダダダダ

    内川「おいおいお前かよ石川。石川じゃなくて石井さんだよ」

    石川「えーっ! 送球難見逃してよ! ホッペにちゅーしてあげるから?」

    内川「ばっ馬鹿! 藤田をからかうんじゃなーーい!!」

    内川「ったく、大変なときに横浜に戻っちまったもんだぜ…」

    でもこんな暮らしもまあ、悪くはない、かな?


    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、多村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    【内川「え~スタメン発表するぞ。まずはセンター」鈴木尚「下園!」】の続きを読む

    ヤクルト
    引用元: ・山田「どうすりゃいいんだ...」

    1: 名無しさん@おーぷん 19/06/01(土)00:32:30 ID:usl
    本拠地、神宮球場で迎えた広島戦
    先発小川が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    球場に響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年のトリプルスリー山田は独りベンチで泣いていた
    2015年に手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今のヤクルトで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」山田は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」山田は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、山田はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した山田が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように東京音頭が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする山田の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「テツト、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「た・・・田中さん?」  「なんだテツト、居眠りでもしてたのか?」
    「は・・・畠山さん?」  「なんだ山田、かってに畠山さんを戦力外にさせやがって」
    「川端さん・・・」  山田は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:比屋根 2番:川端 3番:山田 4番:畠山 5番:雄平 6番:大引 7番:内川 8番:中村 9番:小川
    暫時、唖然としていた山田だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    バレンティンからグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する山田、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている山田が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    【山田「どうすりゃいいんだ...」】の続きを読む

    巨人
    引用元: ・丸佳浩「どうすりゃいいんだ・・・」

    1: 名無しさん@おーぷん 19/06/01(土)00:08:37 ID:yqc
    本拠地、東京ドームで迎えた広島戦
    先発山口メンバーが大量失点、打線も打てず惨敗だった
    東京ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やっぱり巨人は弱くなったな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、丸佳浩は独りベンチで泣いていた
    広島時代で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今のジャイアンツで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「読売への移籍は間違いだった・・・巨人は富士山のようにゴミだらけ・・・錆びたナイフでグサッとグサッと刺された・・・」丸は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰っておんJで原さん叩きをしなくちゃな」丸は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、丸はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した丸が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように千葉ロッテの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする丸の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「丸さん、千葉ロッテにきたんスか、こなくて良かったのに」声の方に振り返った阿部は目を疑った
    「き・・・清田?」  「丸さん、早くグラウンドに行くぞ」
    「す・・・鈴木大地さん?なんで千葉ロッテにいるだ俺・・・」  「なんやバッツ、お前外様のくせに生意気やぞ」
    「西岡さん・・・??」  丸は半分パニックになりながら順位表を見上げた
    1位:ソフトバンク 2位:楽天 3位:西武 4位:日ハム 5位:ロッテ 6位:オリックス 
    暫時、唖然としていた丸だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「巨人の方がまだええか」
    福浦から受け取ったグラブを清田に投げつけて、現代へ帰っていく丸、その顔は悟りをひらいたものだった・・・

    翌日、自宅で冷たくなった西岡が発見され、原と宮本は病院内で静かに息を引き取った

    【丸「どうすりゃいいんだ・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ