おんjサマリー@なんj野球まとめ

  • Twitter
  • RSS
    ヘッダー画像変えました

    審判

    ソフトバンク

    引用元: ・【実況】20190514 ソフトバンクVS西武【北九州】2

    380: ソ5-8西(6回表) 19/05/14(火)20:25:04 ID:8cf
    キャッチャーとれずバックネット パスボホームイン 9-5

    【【悲報】ファールがパスボールと判定される大誤審が発生する】の続きを読む

    広島
    引用元: ・戻ろうとしたから進塁の意思がある←これ

    1: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/05(日)00:01:09 ID:1i3
    意味がよくわからん
    戻ろうとしてるんやから帰塁の意思あるなら分かる

    【戻ろうとしたから進塁の意思がある←これ【緒方監督退場】】の続きを読む

    広島
    引用元: ・【実況】広島ー巨人 其の壱

    304: 広0-0巨(1回裏) 令和元年 05/04(土)14:14:34 ID:XBN
    リクエストに抗議するのはまずい
    退場なるで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000067-dal-base
    一回、1死。菊池涼の遊ゴロで、巨人・遊撃手・坂本勇の一塁送球が高く浮いた。一塁手・中島がベースを離れてジャンプして捕球。判定はセーフとなった。  だが、菊池涼は一塁手中島との接触を避けようとフェアゾーンに入ってオーバーラン。中島が菊池涼にタッチし、判定はアウトとなった。  緒方監督は菊池涼に二塁への進塁の意思はなかったとして抗議。リクエストを申請したが、判定は覆らず。再び緒方監督が抗議し、退場となった。リクエスト後の抗議は認められておらず、必死にコーチが止めたが、審判が退場処分を下した。
    【広島緒方監督、色々あって猛抗議で退場】の続きを読む

    NPB

    引用元: ・今年の審判の質が例年に増してヤバすぎる件について

    1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/21(日)20:30:25 ID:zY8
    いくらなんでも致命的なの多すぎだろ

    【今年の審判の質が例年に増してヤバすぎる件について】の続きを読む

    ソフトバンク
    引用元: ・【パ順位スレ】楽---ソ--/日/--西オ-ロ

    26: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/18(木)21:34:11 ID:rzU
    やっぱ球審山口って・・・

    【ソフトバンク武田翔太に対する山口球審の判定に不満続出・・・】の続きを読む

    野球ボール
    転載元: 白井一行審判員、奨励賞受賞 「最も声が大きい」
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/27(火)23:13:31 ID:kcv

    【白井一行審判員奨励賞受賞 「最も声が大きい、若手審判員の模範になっている」】の続きを読む

    リーグ別ではセ・リーグが251件、パ・リーグが243件。一塁での判定が半数、二塁での判定が4分の1を占めていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000590-san-base

    【プロ野球の「リクエスト」、今年494件 32・8%で判定覆る】の続きを読む

    no title
    転載元:【悲報】神宮で1試合3誤審
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/29(金)21:13:11 ID:APT
    2つはリクエストで判定覆る
    3つ目は画像のシーンでスリーフィートを適用しないガ○ジ判定
    no title

    no title

    【【悲報】神宮で1試合3誤審】の続きを読む

    ボール
    転載元:【?報】福良監督激おこ
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/22(金)22:58:52 ID:Jbu
    【オリックス】福良監督激怒「誰が見てもファウルやないか!」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000214-sph-base

    【福良監督激おこ 中村晃の決勝本塁打、誤審だった】の続きを読む

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    日本のプロ野球から監督の「猛抗議」が減っている感がある。
    今季も阪神の取材を重ねるが、試合中、審判の微妙な判定があると金本監督がゆっくりベンチを出て、両手で四角のジェスチャーを示す。数分のリプレー検証をへて、成否が明らかになる。球場に何度も映像が流され、観客は盛り上がる。
    やがて、白黒はっきりして試合再開。何事もなかったかのように、戦いは粛々と進んでいく…。

    これが今年の野球場の光景だ。ニッカンのデータベースでも、開幕から1カ月半の5月15日までを対象に「抗議」でキーワード検索したが、NPB関連の記事は2件だけ。昨年同時期の7件から減った。
    かつては違う。審判に怒り、口角泡を飛ばしていた。阪神でも02年8月の巨人戦で三塁ゴロの送球を捕った一塁アリアスの離塁が早いとしてセーフになると、星野監督が猛抗議して田淵チーフ打撃コーチとともに退場。
    07年岡田監督や13年和田監督も、いまならリクエスト制度の対象になるプレーを巡って退場になっている。

    現役時に微妙な判定で退場経験がある、球界のあるコーチは「以前は審判の判定は何でも『絶対』だっただけに余計に感情が入る。生活がかかっているからね。でも、人間だからミスもする。今は選手と審判の関係性も変わってきている」と話した。
    ハイテク化が進んで客観的に判定できるだけに、戦う男たちの冷静さが際立ち「人間臭さ」が見えにくくなった。
    あらがえない時代の流れだが、勝負が生む熱気や激情までが薄れていないか。正確だから面白いとは言い切れない。【阪神担当 酒井俊作】
    https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201805230000014.html

    【プロ野球番記者「リクエスト制度で監督の抗議減った。面白くない」】の続きを読む

    このページのトップヘ